忍者ブログ

 douteiをこじらせたやつの思考 具体例の一

三十路。30歳。
現代日本においては一応3割くらいはそうらしいのだが、これを目前にして未だにdouteiである。ちなみに未だに魔法は使えない。MPがたりないのかな。メンタル弱いし。

学生くらいの時にはそれなりに女性に対する欲も色気もあったものだが、特にこれといったことはしなかったのでこうなったわけである。
どうして何もしなかったのか、女に縁がなかったか、などということはdouteiのテンプレートでほぼすべて語りつくせるのだが、もう完璧にこじらせた状態といっていいだろう。





今となっては女に対する欲があるのか無いのかということすら認識が曖昧である。もはや現実を認識できず防衛機制的にそうしてる気もする。
で、それ以外のことも下手をこいて目の向けようもなくなってきつつある現状でそんな奴の来歴や思考がどんなもんか書いておこうと思った。
健全な皆さんは斯様な無様に陥らないように頑張ってください。


<学生時代>
もっとも女子に深くかかわったといえるのは、女子グループのいじめの標的にされたことという有様。いじめといっても「からかい」の範囲内ではあった。体のいいおもちゃである。

クラス内ヒエラルキーは最下層のオタ枠(事実ではある)でなおかつイケメンスポーツマンという学年トップクラスの人気者と同じクラスだったことは不幸といえば不幸。

社会人一歩手前くらいで事務的な会話くらいはこなせるようになったが、(リアルの)女というのは恐怖の対象でしかなかった。


<社会人時代>
仕事を必死こいて覚えてる間は女性なんて意識できる余裕はなかった、
その間に風俗だの普通にお付き合いしてる話だの聴くのだが特に刺激されることもなく、仕事場と住居の往復。
出来が悪かった私はともかく、同期の連中は楽しく遊んでいたように思う。

そんなこんなで一応サラリーマンですと言い張れる程度になった段階でそれなりの年齢に。学生時代の友人も結婚なんかしちゃってたりしてるし、世の中も「許されるのは小学生までだよねー」な感じ(に思えた)なので、もういいやと半ば努力は放棄。


<現状>
メンタルの弱さから失敗し職も失い、貯蓄もつなぐ程度しかない。次の仕事で正社員も怪しいしスキル的に逆転できるものも持って無い。
健康といえばそうだが鍛えてるわけでもない。若さももうない。

恋愛という(私にとっては)ファンタジーからみても、結婚という現実から見ても最早目はない。詰んだ。育児何をかいわんや。

カップルや世を恨むほどのエネルギーももうないので、転じて妙なことを思うようになる。
「私はもう一般的な恋愛や結婚を望むべくもない。望み頑張ればそうなれるかもしれないが、意欲もわかない。
どだい女と仲良くやってるからって、それはそれで苦労もあるだろう。俺には無理だ。参加するのもめんどくさい。

妬みはしても恨むほどではない。羨ましい気もするが憧れるほどでもない。でも、普通のことだろうし良いことだろうという風には思える。

だから頑張ってほしいとは思うわけだ。相手が欲しいと行動するやつにはできたらいいと思うし(俺はしないけど)、より良く幸せになろうというやつはそうなれたらいいだろう(俺は頑張らないけど)。

せめてもそんな奴らを眺められる世の中であれば完全に諦めたと言い張れる気がする。」


9割9分は諦めついてるからお前ら頑張れ。   
| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(10/21)
(09/28)
(09/26)
(09/23)
(09/22)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

自己紹介:
tiyabudaikorogasi☆mail.com

AD

   
PR