忍者ブログ

 個人的におすすめWEB漫画とSS 絶対加速クレッシェンドQ 感想 備忘録 20

絶対加速クレッシェンドQ

作者:不死鳥

https://windom.ran-maru.net/

ジャンル:厨二・アクション・自己実現


 
どんな漫画?
「生まれながら特殊な能力と悲しい運命を背負った「赤羊(レッドラム)」と呼ばれる少年少女たちの愛と戦いと、自己実現の物語。 」
ということです。


画力やアクション描写はまあ置いといて、web漫画ないしアマチュアというか同人というか、商業ラインには決して乗らないだろうという感じにおいては最高峰かなと。


どういうことかというと


(第十七話「世界に反旗を翻せ!天元突破者イザヤの野心!」より)

こういうことです。
とにかく全編にわたってストーリーの流れに乗って、キャラが思考と弁舌を垂れ流しまくり物理的にもメンタル的にもぶつかり合います。
作者の思考をたいしたフィルターも通さず表す怒涛の如く押し寄せる文章量は一見の価値あり。
リンクのある作品wikiによると小説もあるようですが私は全く手を付けておりません。


とにかく言葉をこねくり回す作品ですが、キャラやストーリーには意外とブレがなく骨組みはしっかりしている印象。全編ご都合的なところや結末はひっかかるところがあるかもしれませんが、作者のモノという意味合いの作品としてはこれ以上の着地点もない気がします。


はっきり言って読みやすいとは言えませんし、エンタメ的面白さもやや欠けますが、時折思い出しては数話つまみ食いして面はゆい気持ちになれる唯一無二の個性があると思います。



   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

 個人的におすすめWEB漫画とSS 打ち切り?漫画2本  感想 備忘録 19

今回は残念ながら実質打ち切りで復活しなさそうなWeb漫画2本を記憶からお焚き上げするために記述します。


ビチバラガ

作者:

https://

ジャンル:格闘アクション・キョンシー?

 
もはやWeb上でも朧気な情報しかないですね。
なんか理由があってニートしてた主人公。でも女友達?に会いに行くのですが、見た目は普通なものの化け物みたいになってました。


どうにかして彼女を連れ出してたら、彼女に用事があるらしいテロを起こしつつあった闇の組織みたいなのに狙われます。
徒手空拳で完全武装の警官隊を屠るやべー集団なのですが、主人公は筋トレと目覚めた謎パワー(物理UP)で対抗するものの彼女はさらわれます。
助けようとしてるうちに、情報を持ってる人たちと接触できたのですが、今度は自衛隊っぽい奴らに襲われ…(打ち切り)


まあもはや追うこともできないストーリーはどうでもよくて。
とにかくアクション描写が秀逸でした。
設定的には中国系・陰陽みたいなのが絡むようでしたが、骨がきしむような接触・打撃表現がよかった記憶があります。



あじさいタウン

作者:木村リノ

http://mangag.com/comics/ajisaitown/ (オフィシャルページ?)

http://www.mangabroadcast.jp/title.php?tid=2843
紫村リノ名義で大分書き直されているあじさいタウンセッションズのページ


ジャンル:バンドマン

 
いまとなっては良くわからない立ち位置の漫画。
「あじさいタウン」というバンドが実際に存在していて、その世界観やバンドメンバーをディフォルメしつつ描かれたバンドマンの在り様を描いた漫画といえばいいか…


漫画的には音楽というよりはバンドマンそのものを中心に描写されていて、特にWeb版の最終更新あたりの「バンドを(現実の生活とすり合わせて)続けるべきかどうか」という懊悩を抱えつつ繰り広げられたライブシーンは素晴らしかったです


ちなみに「あじさいタウン」の楽曲は現時点なら動画サイトなどで視聴できます。
私は音楽は全くの門外漢なので、良いとは思いましたが、売れるかとかはわかりません。


新都社で連載があって
→マイクロマガジンで再編集して連載して単行本が一冊でて
→確かこのころ現実のレーベルとバンドが契約したような情報があったような
→特に展開はなかったような
→なんかポッとあじさいタウンセッションズが連載されスッと終わる
→初期には作者のツイッターや楽曲HPなどが機能していたようだが、現在は停止しているような


…売れなかったのかな…バンドメンバーとなんかあったのかな…と邪推しますが、現実に稼働しているバンドと相互にプロモーションしつつ音楽と漫画表現をしていくというのは試みとしても面白かったのではないかと思います。


BECKという偉大な先駆者がいるよねというとそれまでですが、より市井のバンドマンに描写を振っているのでその辺惜しいなあと思います。


   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

 個人的におすすめWEB漫画とSS (VIPRPG)冒険者達の晩餐  感想 備忘録 18

冒険者達の晩餐

作者:

https://w.atwiki.jp/vip_rpg/pages/434.html
(紹介およびダウンロードページ)


ジャンル:RPG・VIPRPG

 
思いっきりゲームですが。
うろ覚えで書きますのでご容赦下さい。


RPGツクール2000が遊べる環境があれば遊べます。
ランタイムとかいうのを導入すればよかったはず。


FF5風の戦闘画面で、メインクエストのランダムダンジョンとサブクエストの固定マップダンジョンを行き来してパーティー(4人)を鍛えつつ進行します。
クリア前後にはメインクエスト的には行かなくてもいい高難易度のダンジョンも用意されています。


4人パーティーはゲーム開始時に編成すると変更できないので注意。
まあメインクエストクリアならレベルを上げて(ryで十分対応できるので好みの編成で大丈夫です。
明確なキャラ付けはされていない純ダンジョンRPGてきなアレなので妄想で盛りましょう。




以下に一番書きたかったことを書いてこの記事を締めます。
若干ネタバレです。


   

拍手



つづきはこちら
| COMMENT:0 | HOME |

 個人的におすすめWEB漫画とSS SS選の2 感想 備忘録 17

SS3つです。

スマホ上で読んでとりあえずブックマークしておいて、ブログ上に書き連ねる。
まさしく備忘録の性質が濃くなってきたなあと。


彡(゚)(゚)「本を読むだけのバイト!?」

ジャンル:彡(゚)(゚)・すこしふしぎ

 彡(゚)(゚)が金欠の余り「本を読むだけ」という怪しいバイトに参加するのですが…

いかにも怪しげですがホラー展開ということもないので。
スルスル読めて余韻を味わえるお話です。

同作者さんによる他のSSも秀逸ですのでお勧めできます。




ロジャー・スミス「異議あり!」


貞子VS伽椰子VSボーボボ


どちらの作品も原作の雰囲気をSS上に上手く表せており原作ファンは一読の価値あり。




   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

 個人的におすすめWEB漫画とSS SS選の1 感想 備忘録 16

さくっとSS3つ。
SSなので好みのサイトで閲覧下さい。



彡(゚)(゚)で学ぶ腰痛の治療

ジャンル:彡(゚)(゚)で学ぶ・腰痛

 腰痛治療を受けた人が治療を受けた側の視点で書くSS。
そういう意味で多少割り引きながらも参考になるのでは。

アキュスコープとリアラインという言葉は記憶に留めておきたい。

いい加減、腰痛で治療受ける時に形成外科なのか整体系のとこに通えばいいのか、統一見解でないのですかねえ?


コゼットの修造

ジャンル:修造

漫画版「コゼットの肖像」と修造(動画素材的な意味で)のエッセンスを十二分に活かした(活かしてしまった)怪作。

修造「諦めんなよ!諦めんなよ、お前!どうしてそこで辞めるんだ!
そこで!!
もう少し頑張ってみろよ!ダメダメダメ!諦めたら!周りのこと思えよ!応援してる器物たちのこと思ってみろって!
あともうちょっとのところなんだから!」

コゼット「やめて、来ないで…!修造は熱すぎるの!」

修造「君に困った顔は似合わない!笑顔じゃないコゼットなんて熱くない松岡修造みたいなものだ!決めたんだろ呪いを解くんだって!だったら…今日からコゼットは富士山だッッ!!」

コゼット「私が……富士山……!」
↑本文より抜粋

鬼才とは正に是。


ベジータ「普通自動2輪免許だと!?」

ジャンル:ドラゴンボール・資格

 ベジータが資格を取りに行かされるシリーズ。
他に危険物乙4とか取らされてます。

同時期に悟空も取りに行っているので、対抗心を燃やしてたり四苦八苦するサイヤ人二人の奮闘が見もの。

試験当日に向けてブルマからの実践的助言に見られる夫婦愛にニヤリとします。
現実に試験を受けてから書いてるっぽいので、取っ掛かりとしても使える実用的SSで読みやすくおすすめ。



   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

 個人的におすすめWEB漫画とSS 風俗坊新都クン  感想 備忘録 15

風俗坊新都クン

作者:甘納豆


性的な要素を多く含む作品なのでご注意ください。


   

拍手



つづきはこちら
| COMMENT:0 | HOME |
| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(06/16)
(06/13)
(05/24)
(05/17)
(05/10)
(05/06)
(04/25)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

AD

   
PR