忍者ブログ

 一人でお米を炊きたくて ミニライスクッカー感想・レビュー

一人寂しい孤独な暮らし。
普通の炊飯器で米を炊くのももてあますばかり。嗚呼、そんな一人身を慰めてくれる家電はないものかな…

あったよ!ミニライスクッカーが!

そう、Panasonic SR-03GPが!


公式ページより

思いっきり生産終了と書いてあって少しショック!
2か月前くらいに買ったのに…

私はヨドバシで買いましたが、アマゾン等でもまだまだ在庫はあるはずです。
5000円以下で買えると思います。


ちなみに実際のスケール感としてはこんなもん


左のは一般的な(ボロい)エアコンのリモコンです。
重量も大変軽いが、足のグリップは意外に効いてるので早々滑ったりはしないはず。

シンプルに米を炊きたいだけというような用途では大変便利です。
「ミニライスクッカー」と検索すればこの製品に限らず、似たようなものは出てきますので一ジャンルとして気に入ってます。

つづきにスペックや感想など。
こちらの感想ページもわかりやすいかと。




1.米を炊ける量
一度に炊ける量は付属のコップ一杯で3回分まで。コップ一杯でおおよそ茶碗一杯分です。
つまり茶碗3杯がMAXですね。
なお水の量の目盛りは2回分か3回分はついてます。

ちなみに付属品にしゃもじはついてきません
またお釜で米を洗ったりすると傷がつき性能が低下するらしいので、米を洗う用にザルなどを用意することをお勧めします。

<追記>
専用計量カップを紛失したので記録しておきますが、炊ける量のMAXは1.5合です!
つまりカップ1杯につき0.5合であったと。
米の量を合で表記することを覚えました。


2.米を炊くまでの所要時間
説明書には「米を洗って30分水に浸してください」→「その後スイッチを押してください」→「米が炊き上がったら15分ほど蒸らしてください」。
という手順が書いてあります。

真面目に実践すると1時間ほどかかりますが、美味しく炊ける方法って書いてあるし…

で、純粋にスイッチを押して米が炊き上がるまでの時間はというと
2杯分→15~20分くらい
3杯分→30分は超えない
まあ正確ではないですが、時間がかかるという印象はないです。


3.機能について
私はこれが気に入ったのですが、こいつは「米を炊く」という機能しかないです。

保温とか米の固さとかを機械側で融通してくれるようなことがない代わりに、本体についてるスイッチ類は炊飯のスタートレバーとON状態で点灯するランプしかないです。

シンプルイズベストってことで。
なお釜の保温性は悪くなく蒸らし込みでも30~40分くらいならかなりホカホカ状態を保ってくれると思います。

なお炊き上がりを教えてくれるメロディーみたいな機能もなく、炊き上がると本体に仕込んでるバネ?が跳ねて釜を持ち上げ「カツン」みたいな音が鳴るのでそれで判断してください。
(炊飯スタートレバーも勝手に上がってオフ状態になるのでこちらで確認しても良い)

本体部分・釜・ガラス蓋と簡単に分離できるので、釜を洗うのも簡単です。分離っつーか持ち上げるだけ。
なんせ小さいし軽いし生活空間を圧迫しないので、保温なんか必要ないぜ!みたいなことならお勧め。



   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(08/22)
(07/23)
(07/13)
(07/07)
(06/22)
(06/22)
(06/04)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

AD

   
PR