忍者ブログ

 ランス9 プレイ・感想 日記03

現在10章。

素早さは全員8,9程度にした。だいたい先手とれるのでしばらくこんなもんかな。

キャラが増えてきてイベント戦闘でいろいろ運用するのが楽しい。特に連戦マップはなかなか。
同じ職種でもかなり差別化がなされており当初感じていたころよりはるかに頭使うね。

慣れてくると「ヘルマン砦」系の自由戦闘は最終防衛戦まで引き込んだ方が美味しいですね。参加人数的にもボーナス的にも。
最初の戦闘で適当な生贄役を一人放り出して即引き込み、ヘルマン砦2ならば熟練ポイント3000程度入りました。

いくつか放置してる猿玉ボーナスやレアアイテムがあるが、そこまでガツガツ取らなくてもいけるのでまったり進行中。

以下は遭遇した特殊な敵とかキャラとか。



・貯金箱ン
倒すと1000G手に入る。が今回の金はあまり使いどころがない感じなうえに恐らく固定で出るので特にありがたみがない。周回にはいってくればそうでもないのだろうか?

・幸福きゃんきゃん
自由戦闘で撃破できたのだが、熟練ポイントが500入った。多分強いマップで出現すればもっと入るのだろう。

・機々械々
「血すいペッタン」の戦闘で出現したがここに限って言えば固定出現だろう。他に出るとしてもまだ見てはいない。撃破するとマップに猿玉をドロップした。
ランスクエストよろしくレア敵扱いか?でも宝箱だんごは固定出現だしなあ。

<レリューコフ>

第1軍将軍。
まともに来られていればまず勝ちはなかったぐらい真っ当な軍人。
ランスの奇策こと卑怯作戦をことごとく看破した上に、無能上層部の意を受けながらも危機的状況まで追い込むという強敵ぶり。
4軍戦でなめていた私にこのゲームの本当の難易度を教えてくれる人。

逆にこれほどの人物すら一部の私欲のために潰してしまうのがヘルマンの現状ということか。
ピグとの絡みやパットンとの語らいなど出番は短いながらも印象に残る。

<ロレックス>

第5軍将軍。
ヘルマン軍の中でもやや特殊な位置の第5軍を率いるだけあってなかなか癖のある男だが好感の持てる人物である。
上手く使いこなせないケチャックさん無能。
JAPANの刀とヘルマンソードを組み合わせた2刀流を使い、恐らくヘルマンで個人戦最強だろう(ミネバがどうなんかわからんが)。
剣豪としての実力も充分だが5軍の機動力を殺すようなことはなく指揮能力も高い。

リックとの戦闘を終えた後に部下と訓練のような八つ当たりで相撲を取るといいながら発散してるシーンは最高。
「この年で急に強くなるってのも無理だしなあ」なんて正直に言ってしまうあたりがなかなか。

<オアマ・モトヒーデ>

マッドサイエンティストなキャラか→イベント後→そういうことかよ・・・
だからピグの必殺モーションが・・・そういえば攻撃モーションもそのせいか・・・

<ピッテン・チャオ>

曰く完全無欠の男。黄金の騎士。
ランスの地位を脅かさんばかりの正統派イケメン。
おかげで登場当初はランスに睨まれまくり普通に謀殺されそうになった。
とある理由でランスに見逃されることになるのだが・・・

才能豊か・装備も優秀・人品卑しからず性格もよし。少々口が悪いが些細なことだろう。正しく完全無欠。ぐぬぬ
まあこのような人物を引っ張ってこれるパットンはすごく成長したんだなあということかな。

登場シーンからもわかるがその魔抵は他のキャラと比較にならない値を誇りしかも上昇コストも安いという優秀さ。
他の能力もガードとして見劣りするところはないので、敵ソーサラーとその取り巻きは彼に任せておけば良いだろう。というか任せないと厳しい。


   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(08/22)
(07/23)
(07/13)
(07/07)
(06/22)
(06/22)
(06/04)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

AD

   
PR