忍者ブログ

 スクウェア アインハンダー04 ガンポッド

ガンポッドとは超国家的軍事企業マクミラン社が開発した武装群である。
共通武装規格の推進により多くの機動兵器に搭載されている。

アインハンダーは道中これを奪取することで飛躍的に戦闘力を向上させることができる!


「バルカン」

毎分8000発以上の連射が可能な機関銃である!

よくある押しっぱなしで常時連射するもの。
弾は多いし頻繁に出るので、火力不足ぎみだがどんな時も使える。
アストライアーが上部に装備したときのみ固定されるが、それ以外の場合機体の動きにつられて銃身がぶれる。この挙動を楽しむという利点もあるぞ。


「カノン」

120mmカノン砲である!

高威力の弾を発射し、固定機銃1発で倒せるようなザコは貫通する。
大量にザコが出るエリアに持ち込めば気持ちよく蹴散らせる。
弾は多くないが貫通することもあり、結構長く使える。
さらには弾速が速いので意外と連射できる。画面端や接近して使うと…?

「ワスプ」

面白みのある武装。妙なこだわりが窺える一品。
機体の上につけたときはホーミングミサイルを発射する。かなり誘導性能が高く、画面上の奥や手前に存在する敵にも攻撃できる。連射が利くので威力もそこそこ。
これがないと倒せない敵や入手できないガンポッドがある。
(自機が動けるのは上下左右だが、ゲーム空間は3Dなので奥や手前から敵が迫ってくるシーンなどがある)

機体の下につけるとロケット弾を発射する。威力が高く連射も利くが、初速が遅く徐々に加速していくという独自の動作をする。
発射→華麗に回避→加速したロケットが敵を破壊
というロマンプレイにお勧め。


「スプレッダー」

5WAY弾を放つ。
上につけると後方、下につけると前方に発射する。
威力は低く連射も利かないので、ザコ用。

普通に使うと上記のとおりで慣れるといらない子にみえるが・・・
実はこれ、非常に高威力の武装である。
画面上に発射した弾がなくなった瞬間に次弾が撃てるので、
超接近→ボタン連打→凄まじい速度で発射される弾と空薬莢
→ボスは死ぬ

ということが可能。5WAY弾なんてよくある特性だが、強力なボスキラーである。


「グレネード」

迫撃砲。
高威力だが弾が放物線を描いて飛ぶので、当てづらい。
下につけると後方、上につけると前方に発射する。

使いにくいが慣れればなんてことない。大抵の中型ザコを一発で沈める。
これもスプレッダーの様な連射が可能であり、特にボス戦に有用。
ボスはデカブツばかりなので気にしなくても当たる。
特に鉱山ステージのボス戦は絵になると個人的に思うのでお勧め。

「ヘッジホッグ」

ちょっと特殊で上下に弾を飛ばして、発生するフレアで連続ダメージを与えるというもの。

一見つかいにくいが、あまり動かないボス戦や特定エリアで非常に有用。
使いどころは選ぶが、特定場面では大活躍という頼りになるやつである。


「ブレード」
そのまんま。レーザーブレードを発生するので、特攻覚悟で接近し切り刻んでやろう。連打してもブレードは伸びないので押しっぱなしで使うこと。

当然破壊力が高く、いわゆる波動拳コマンドを入力すると一時的に画面幅の半分程度をカバーする程に伸びるので、意外と使いやすい。
エンディミオン系は上下に動かすと刃を振り回せる。ヴィジュアル面は最高クラスだ。

リスクが大きいので無人兵器以外に搭載することはまれ
などと解説書に記載されており、ゲーム中もこれを搭載したスピードを重視し装甲の薄い無人兵器がよく突っ込んでくる。
そんな装備を嬉々として使うのがアインハンダーである。


「ライオット」

これも特殊。電撃を放ち、敵のコア耐久力を直接けずることができる。
中型以上の敵は弱点であるコア部を守るアーマーを持っていることが多いので熟練すればボス撃退には最適かな(あまり使ってないので…)。ちなみにアーマーの耐久はザコならカノン一発分くらいかな?

装備すると射角が上下ともに45度に固定され正面には撃てない。

チャージが可能で時間に応じて射程が延びる。
弾が少なくあまり出ないし、チャージしても威力は据え置き(多分)
なことから慣れれば接近して連射というのが最も有効な使用法か
当てると特徴的なスパークした感じのエフェクトが出るのでカッコイイ。




   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(06/18)
(05/23)
(05/18)
(04/22)
(04/17)
(04/16)
(04/10)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

自己紹介:
tiyabudaikorogasi☆mail.com

AD

   
PR