忍者ブログ

 グランナイツヒストリー ストーリー攻略した感想01

ユニオン騎士団長様だぞ。敬え。
ロリ姫様に飛びついだのはいいモノのストーリーやると「あれ?ミラ様かわいくね?ミラたんハアハア」となってしまった。

グランナイツヒストリーというのが某大型店のワゴンで500円で落ちてたので買いました。
出来がどうこうとかいう前にオンラインがすでに終了しているせいでしょう。

そういうわけで、2015年現在ではフルプライスで買ったらさすがに切れるけど、このくらいの値段でワゴンから引っ張り出すならちょうどいい小粒作品だと思います。


今からプレイするならば攻略WIKIが充実してますので、詰まっても何とでもなるでしょう。
グランナイツヒストリー公式ホームページとブログ
グランナイツヒストリー@攻略WIKI





◆シナリオについて

なんやかんやあってユニオン・ログレス・アヴァロンという3大国が覇権を競うことになっております。(所属する国をこの3国から選ぶ)

試験(チュートリアル)を突破して騎士団創設権限を得たプレイヤーは、従者であるリーシャ(割とエロいぼでー)を加えて若い騎士候補を育成がてら大陸の事件(クエスト)を解決しながら駆けずり回るのであった。
私はユニオン国でプレイしたのですが、他国だと変わるのかもしれません。


〇メインクエスト
聖女の秘宝という集めれば大陸を統一に導くというアイテムを集めながら、これを狙う勢力や魔物と戦っていくという感じです。
非常にオーソドックスなストーリーですが本来はオフラインがおまけということだろうから、このシンプルさは逆に好印象です。
当然シナリオの性質上「おつかい」ばかりですが、国に使われる騎士団という立場から不自然ではないしラストあたりの展開は中々燃えます。

〇サブクエスト
魔物退治などを日数期限内にこなすというものです。最初こそ楽しいものの基本的には指定場所をぐるぐる回って戦闘をこなすという程度でテキスト以外の変化がないのが難点。
またこのゲーム全体にも言えることですがその乏しいバリエーションすら少ないという…
期限が過ぎると消滅しますが、いくらでも再発生しますので特に気にする必要はありません。
ただし育成上で重要な「訓練書」やその他もろもろのアイテム・資金を集めるためにはある程度こなす必要があります。

◆キャラクターメイキング

プレイヤーは騎士団長として指示を下すという体のため戦闘には参加しません。イケメンでもなんでも妄想しておきましょう。

一方、若い騎士見習いは雇い入れる際にキャラクターメイクを施すことができます。といってもある程度のパターンから選ぶだけですが。
一回作成したら育成途中で見た目などを変えることはほぼできないので注意。
職業はナイト・アーチャー・ウィザードの3つで、髪形やボイスパターンなどを選択して作成します。
選んだタイプや性格によってパラメータの成長傾向が変わるようですが、ストーリークリアだけならほぼ差はないので、好きに選んでしまいましょう。

キャラクターたちは「見習い期間中のみ」訓練所に通わせることでパラメーターの強化を行うことができる。
ストーリークリアだけならさほど気にしなくて良いが…

一度パーティーに組んでしまうと解雇か叙任という形以外でパーティー編成を組み替えることはできないことは十分に考慮しよう。
ここは非常に惜しまれる点である。

以下の紹介は多分に主観が入っております

〇ナイト
肉壁かつ肉弾戦メイン火力。一人は入れておきたい。
武器によって割と特徴が変わる。あと聖騎士タイプの生足がエロい
剣:オールラウンド。スキルが充実すると強い。
大剣:吹き飛ばし特性が多く、陣形を崩すなど割と柔軟に戦える。
槍:素で攻撃範囲が広い。燃費が悪いが便利。
細剣:レイピアみたいなタイプ。クリティカル率が高い特性がありボス相手に優秀。

〇アーチャー
飛び道具を使う。状態異常付加のスキルが多くザコ戦や他国の騎士団などに強い。やっぱり狙撃手タイプの足がエロい。
武器の差はほとんど感じられなかったので好みで良いと思う。
弓:あまり使わなかった。個人的には中途半端。
銃:攻撃力は高いが命中率が残念。命中補正の装備を手に入れてからが本番。
弓銃:ボウガンタイプ。銃より当たり個体相手の状態異常に向く。

〇ウィザード
攻撃・回復・補助と魔法は全てこのクラス。一人は入れておきたい。
ロリスキーは聖女タイプ、お姉さんスキーは魔女タイプと間口が広い。
魔法の属性による相性は存在しないのは良くもあり悪くもあり…
属性は「火水風土」と二種の属性を合わせた「闇・光」があり、闇と光は特殊な効果を持つものばかり。
杖:攻撃重視。火と風のスキルに補正がかかる。
槌:回復・補助重視。水と土のスキルに補正がかかる。


ストーリークリアを目指すガチのパーティーならば壁役としてナイトを一人、ミラージュアイ(1回だけ攻撃を無効化)と回復の担当としてのウィザード一人は入れておきたい。
残り二枠は好みで何とでもなると思う。
私はナイト・アーチャー・ウィザード(攻撃、ミラージュアイ担当)・ウィザード(回復担当)でクリアした。
え?もちろん全員女性ですよ?

必ず4人にする必要はないが、3人はいないとクリアは辛いと思われる。

◆グラフィック

開発がヴァニラウェアということからグラフィックは優秀です。
綺麗で見やすいし独自の可愛さがありますね。あと、そこはかとなく薫るエロ風味ね。

特に連続攻撃系のスキルにおけるモーションの滑らかさは素晴らしい。
個人的には細剣の「フラッシュコード」と銃の「スタントショット」がおススメ。

武器および頭部装備はかなり見た目を変えます。無難なところではリボンやメガネ、ケモ耳系統などグラフィック担当が手を抜かなかったことがうかがえます。
有用だからとオッサンタイプにヘッドドレスを付けるということはできますので僕は止めません。   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(05/23)
(05/18)
(04/22)
(04/17)
(04/16)
(04/10)
(04/04)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

自己紹介:
tiyabudaikorogasi☆mail.com

AD

   
PR