忍者ブログ

 なんだよ!ダークソウル2! (ダクソ2 PS3版 プレイ感想)

面白いじゃねえか!

安いし買ってみよう!そして俺を助けて!

白霊を呼んだにも関わらずなんてこと無い所で落ちる俺を!(オチ)

とまあ世間の風評に怯えながら手に取ったダークソウル2ですが、十分遊べるゲームですね。
(ダクソ1が1180円、2が580円で売っていることに目をつむる

ソウルシリーズ中ではなんか忌子のごとき扱いを受けている印象ですが。

※デモンズとダクソ1はやりました。2は王のソウルを1つ取得。
※攻略WIKIとか白霊とかいないとクリアできないヌルゲーマー視点
※1週目攻略したらつかれちゃうおじさんはもう歳なの





1.悪評が目立つのは
そこまで悪いゲームと思えないんですが、どうも悪評が目立つのは特に発売初期に色々行き届いてないことが多すぎてその辺の印象からというようですね。

確かに実際私がプレイしているのは最終パッチ後のものですし、侵入等のオンプレイの部分としては盛りを過ぎていますから、最早おなじ視点に立てる時期は過ぎたということでしょう。
なお幻影はちらほら見えますし、侵入されたことはないですが白霊はまだ期待できると思います。

まあそれでもいまいち今までのソウルと比べると、なんかこう…作りが甘いというかスキがある感じはしますね。
敵が枯れるやらの細部は触れませんが全体的な印象として。

新しい試み・利便性を高める改善を取り入れた故の粗さも仕方ないと思いますが、その辺を大多数のプレイヤーが妥協できる所には持ってこないとクレームがつくのもまた、ってところですかね。

個人的には
○ソウル取得アイテムやらをまとめて使える
○アイテム整理が格段に楽(シリーズ装備をまとめて表示できればより…
○篝火の転送がすぐにできる(適当な理由があればより…
他色々


上記のような前作で面倒な部分を取っ払ってるのに最も多く利用するであろう「緑衣の巡礼」と話すのに何回も○ボタンを押させるのにはイライラしますよ!
遠眼鏡でなめまわすように見るぞコラ!


2.どうして心が折れないの
プレイヤーとしては別にいいんですが、作中の主人公としてはどうも目的があやふやで。
大目的として不死の呪いをときたいから、恐らく呪い由来の衝動にかられつつマデューラ付近を探索中なんでしょうが…

前作の「目覚めの鐘を鳴らしましょう」的な大きいチェックポイントをおいて欲しかったな。
というかプレイヤーに対してもEDまでの動線が引けてなさすぎとは現時点ですら思う。

朽ちた巨人の森は良いとしてもそこからどこへ行けばいいやら…
自由といえば聞こえはいいが、デモンズほど場所や属性が特徴づいているとは見えないし。

篝火転送はすぐできるんだから、デモンズに近い形でゲーム世界を作っておけばよかったんではと思わずにはいられない。
見えてるし(シームレスで)つながってるけど歩いていくのはほぼ無理ってぐらいで十分だったかと。



不満の方をつい書き連ねてしまったが、少なくとも現時点では冒頭のように十分に楽しんでいる。
白霊と協力できればボスもボコれるし、レベルも上げやすい(総花的な方が使いやすいのは残念)。
雑魚が枯れるのもソウルを大量に失うことさえ防げれば、難所も力技で突破できるという意味では確かに快適さにつながる。

実験的試みや改善を導入した「何とかソウル」「ダークソウル外伝」という風に世に出るのが適切だったかなあということは確かに感じる作品ではある。

ともかくも風評だけでクソゲーなどと切り捨てるのは惜しいというか。



   
| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(10/21)
(09/28)
(09/26)
(09/23)
(09/22)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

自己紹介:
tiyabudaikorogasi☆mail.com

AD

   
PR