忍者ブログ

 個人的におすすめWEB漫画とSS 戦闘員村田 感想 備忘録 14

戦闘員村田

作者:いたち侍(でいいのかな?)

http://itatisamurai.web.fc2.com/page022.html

ジャンル:アクション・特撮オマージュ(ライダー)

 
完結済みで58話+番外編。未完結の続編みたいなのもあります。

あまり詳細な世界観説明はないので私的解釈になりますが、ヒーロー(変身可能)と悪の組織(基本的に世界征服を目指す)が存在する世界での話になります。

ヒーローも悪の組織も国に認知される形で活動しており、悪の組織側もテロ行為のようなことをするわけではなく、一般人にそこそこ迷惑をかけつつそれをヒーローが制裁できるかという割合牧歌的な対立形式です。

ヒーローは協会に認可されて活動し、悪の組織側は企業活動としてやっているような感じですね。



↑世界観を象徴する一コマとして(第一話より)。
いかにもな格好をしていて大変わかりやすくてよろしいですね。

まあ当然ながらストーリー展開としてヒーローという物理的にも強い立場を乱用しようとするもの達や、ガチめの悪と「悪の組織」の戦いなんてのがあります。

中盤からは悪の組織に属する「戦闘員村田」を主軸として、「正義」とそれを成すために必要なものを求めていくような話になっていきます。

漫画的に見どころとなるアクションシーンはいかにも特撮感あふれるものになっており、見ごたえがあります。

話数の割には主要キャラクターは多くないのですが、空気キャラも出ずそれぞれ見せ場もありますのでこの辺の見せ方が個人的に非常に好ましい。

終盤に漂う晩秋~冬の乾いた空気感は、ともすればウェットすぎる雰囲気になるストーリーをいい感じに緩和しており、激しさを増すアクションと淡々とラストに向けて歩みだす展開は大変よろしい。

正義とは何ぞや、自分にとって正義とは何ぞやというヒーローモノの命題に対して、漫画作品として作者なりに描ききった良い作品だと思います。


   

拍手



| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(08/22)
(07/23)
(07/13)
(07/07)
(06/22)
(06/22)
(06/04)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

AD

   
PR