忍者ブログ

 ブログの私的利用 記憶の整理

本棚はその人物の人と成りを表すということが言われるが、これをもう少し踏み込んで活用するということが週刊誌のコラムに載っていた。(すぐに捨ててしまったのでうろ覚えだが)

曰く「記憶の整理棚」として使うということである。
本棚の本を眺めてみれば、面白かった本や興味深い本・つまらない、ハズレ本などとあって、それに関連して記憶や知識などが思い返されるはずである。

そしてその知識などは現在のところ必要でないものもあれば、今後も必要としていくものもあるであろう。
ここで本自体の整理・処分と合わせて自分の知識の整理もメモなどでまとめてしまうとよい。

そうすることで頭脳のワークスペースを拡げ、また本棚のスペースを空けることで新たな刺激を受け入れられる下地を作るのである。


大体こんなことだったはず。
本棚をみて想起されるところを活用するという考えは中々面白く、また所謂ビジネス書や実用書などに限らず本から得られたものを大切にするという所は気に入った。



私にとってはこのブログもそのように使える場所である。

現実生活ではなかなか出せない趣味や性癖、加えて言葉遣いなどを文章表現にして脳の外に出すことで「あれもしたい(書きたい)、これもしたい」というような欲望は多少刺激されていることである。

もちろん僅かながらも検索に引っかかって閲覧に来た方々にはなるべくシンプルで読みやすいようにとは考えている。

このような「脳みその思考の余裕を、今思っていることを外に吐き出すことによって、作る」というのは便利な概念かなあと。   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(11/01)
(10/14)
(10/06)
(09/30)
(09/29)
(09/03)
(08/23)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

自己紹介:
tiyabudaikorogasi☆mail.com

AD

   
PR