忍者ブログ

 カルドセプト3DS 私的アレス論 美点

カルドセプト3DSにおいて私が最も愛用するカード。
それが アレス である。
とはいえこのカードを使っている人はあまりみない。

これではあまりにも寂しい。よって、このカードの美点を啓蒙したいと考える次第である。






美点1. 基本性能が高い
HP60 ST50 という大抵のクリーチャーを凌駕する能力値である。
アイテム制限もなく侵略および防衛に際して如何なくその実力を発揮する。


美点2. 応援効果が高い
軍神であるアレス様は「侵略する側」にST+20の応援効果を発揮してくれる。
標準的クリーチャーの代表といえようファイターもこれでST60。
準拠点ぐらいは潰せる。
少々貧弱なクリーチャー達にも活躍の場を与えることができ、アイテムなしでも容易に敵の土地を奪えるようにするという実にコストパフォーマンスの高い能力である。

美点3. 場に活気をもたらす
応援効果により普段安泰とされるクリーチャーや方策も優位が保ちにくく、参加者全てに逆転のチャンスを与える。
移動侵略が猛威を振るい、防具や有用なアイテムは消費され、レベル5土地すら恐怖に震える。
相対的にダメージスペルの脅威は増し、クリーチャーの破壊数による益が得易い。
ブック構成にもよるが思惑が大きく外れて混乱する場(自分含む)は非常に楽しい。


美点4. 的になる
賛美していてなんだが場を混乱させやすいがために他セプターからアレス様は的にもなりやすい。
しかしこれは利点でもある。他のクリーチャーや拠点を守れるのだ。
ターンウォールで火柱に成り下がったり、
ウィークネスで貧弱になった後ウサギに狩られたり、
魔法の矢やらがバシバシ飛んで来るのを一身に受けたり、
カカシに襲い掛かって戻ってこなかったり、
侵略を賞賛しながらまた、自身がその害をこうむっても笑って散っていく姿は正に軍神の名に恥じぬ姿である。

   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |

カテゴリー

最新記事

(05/23)
(05/18)
(04/22)
(04/17)
(04/16)
(04/10)
(04/04)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

自己紹介:
tiyabudaikorogasi☆mail.com

AD

   
PR