忍者ブログ

 オーダーメイド枕を買ってやった! 購入の感想 使用感02

電話予約して訪れたらば客は私一人だったのでスムーズに開始。まあ平日の昼間だったしね。


オーダーメイド枕と機械測定について説明を受けつつスタート。相談中は保証の関係などから住所程度の個人情報と睡眠の悩みくらいを適当に話す。
このときだったか測定後だったかに枕の中材を選ぶ。おススメは中間のやや固めかやや柔らかめらしいが好みで何でもいいだろう。


理想の寝姿勢は「リラックスして立った姿勢を横倒しにしたもの」(詳しくは快眠広場のFAQでも見てくれ)という観点から測定は立ったまま行われます。
この枕は「あお向け寝」と「横向き寝」に対応しているのでその両方についてのデータを測定される。服はもちろん着たままだがリラックスできるラフな格好がいいかもしれない。


測定が始まるとスポンジのついたローラーが体にあたるまで伸びてきて、おおよそ頭頂部から腰ぐらいまで下がっていく。素直にされるがままにして正確な測定に協力しよう。
誤差修正のために2,3回やるかもしれない。私はそうされた。


データが固まると作ってくれるので試させてもらおう。というか試すのを勧めてもらった。何せ寝具屋さんだから自分の布団やベッドに似た感触のやつを選んで試す。

「おお、なんだこれは・・・いままでにないくらい自然な感じに頭を置ける。無理してる感がない。フィットしているというよりはまるで何もないかのよう。本当に自然だ・・・(なじむ実に!なじむぞ)


などという感想を抱いた私はどうせ保障と調整も無料と聞いたのでこのまま購入。
尚、自分のフィット感を優先して調整するとせっかくのオーダーがあまり意味のないものになるらしいのでこの辺はいじらない方がいいかも。


10年保証もついてるし、基本的に陰干しをたまーにすることとカバーを適宜洗濯すれば充分にもつという簡便さも実にすばらしい。

使用感としてはとにかくグッスリと眠れる。昼寝程度では大差ないが長時間寝るときの熟睡感が段違いである。
まあ腰痛が治るだのなんだのという劇的な効果を期待するものではないが(この辺は店主に聞けば教えてくれるはず)、寝違えは減ったかな。
枕が合わずにいちいち買い替えたり、ぼろくなって買い替える手間などを考えればトータル的には安い買い物であると判断します。

   

拍手



| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(08/22)
(07/23)
(07/13)
(07/07)
(06/22)
(06/22)
(06/04)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

AD

   
PR