忍者ブログ

 グランブルーファンタジー 騎空団の形態についての試案

前記事を書いて、ふと思いついたのだが、現状グランブルーファンタジーの騎空団というのは二極化してるのではないか?

古戦場をはじめとしてバリバリやるガチ団・ガチ勢。
こちらはともするとブラック()なゲーム環境をもたらす危険性(ノルマなど)を孕むが、引き換え古戦場やHLマルチなどの攻略を容易にし潤沢なサポートが得られることはほぼ疑いない。というかサポートの少ないガチ団はどうなの。


古戦場?イベント?それよりもエルーンの背中について語ろうをはじめとした(偏見)まったり団・エンジョイ勢。
こちらは本当にまったりなら居心地のいいことこの上ないだろうが、実際はまったり()だったり変にぬるいべた付いた関係でうっとうしくなったり、イベント頑張りたくても…みたいなこともあるだろう。

まあその辺のバランスが取れてるのが「良い騎空団」なんでしょうが…




で、一応の代案としては「個人主義者の寄り合い所帯」・「相互扶助組合としてのドライな集団」という形態はいかがなものか。
サポートはおく、イベントも個人の好き勝手で、自分のための寄付はする、お前らはお前らで勝手にやれってなもんで。
まあこれは、団長ポジにいる人がほいっと解散したり(ときには悪意を持って)、そもそもフリーライダー・寄生が容易に発生するなどという問題があるが。
ブラックリスト的に総意を持ってしてペナルティが課せられてもいいだろうが、これはこれで冤罪も簡単に起きる(起こせる)しなあ。

ああ気楽に強くなってプチプチ敵をつぶしたいよ~。
9万円課金?ご冗談を…   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(08/22)
(07/23)
(07/13)
(07/07)
(06/22)
(06/22)
(06/04)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

AD

   
PR