忍者ブログ

 剣の街の異邦人 ストーリー攻略完了 感想01

なんだか急にダンジョンRPGがやりたくなってVita版「剣の町の異邦人ー黒の宮殿ー」を購入してちまちまやっておりました。
2周目やクリア後ダンジョンもあるようだが、ストーリー部分だけでハクスラ欲も満たされたのでその辺は無視。

◆シナリオについて

プレイヤーの分身たる主人公は平凡な現代人であるのだが、ある時目覚めると異世界のようなところに放り込まれていた。

近くにいた「老人」の助言に従ってとりあえず地下迷宮のようなところを歩き回り地上に出られたのだが、突如「老人」が怪物をけしかけてくる。

あわやというところでリウ(月貞 理羽)という女子高生っぽい子に助けられ、ここは異世界であり自分たちはこの地の異邦人であると告げられる。

とにかくも死なないため、そして元の世界に戻る方法を模索するため常世の街「エスカリオ」にある異邦人ギルドへと向かうことになるのであった。

この辺が導入であり、このあとダンジョン探索のチュートリアル的クエストをこなしてからが本番である。
この辺でお世話になるキョウ先輩は頼りになる男だからよく覚えておこう!

ちなみにこの地に呼ばれる羽目になった異邦人は、その魂の様相によって種族(ドワーフなど)が変わり、またこの世界の大抵の人間より高い身体能力を持っていることになっている。


まあ実際のところシナリオは薄味で特にどうこう言うことはない。
ストーリー進行の動機と肉づけ程度の意味しかないのは好みの分かれるところかもしれないが、Wizリスペクトというところであえてそうしてるのだろう。




◆システムについて ハクスラ編

ゲームの進行は大まかに
ハクスラしてパーティーの強化をする→
純結晶とよばれるキーアイテムを保持した強力な敵である「血統種」の撃退→
純結晶を3柱の「神の器」の者の誰かに捧げて神気スキルの入手→
イベント発生→
新たなダンジョンが解放されるのでハクスラ→…


ということでハクスラが大事な要素というかやらないとクリアはおぼつかない。
この手のゲームの常として金は手に入りにくく、店売りの装備は序盤くらいしかまともに使えないしザコ敵からの経験値効率も悪いのである。

で、快適にハクスラするために用意されたシステムが「待ち伏せ」である。
これは「士気」というポイントを特定の場所で消費することで宝箱を保持したモンスター集団と戦えるというものである。
さらにその辺のザコ敵よりも敵リーダーの経験値は高いようである。

士気は戦闘ダメージを与えるなどの簡単な方法で回復できるので序盤はさほど気にする必要はなく、また上限値は純結晶を捧げることーつまりシナリオ進行ーで増やせる。

待ち伏せはダンジョン中の「待ち伏せポイント」を発見すれば行える。適当な通路でやっても士気の無駄だからな!
大抵の場合は、入り口近くや魔石というショートカット地点からは遠くないので何度も通おう。

ダンジョンによって出現する装備の傾向は異なり、また「ユニーク」と称される強力な一品物が出現することもある。宝箱には剣なら剣とわかりやすいシンボルがつくのである程度狙える。

ただし取得時に高い補正値がついた一般品の方が強いことも多々あるので、その辺は自分のハクスラ欲と物欲センサーとパーティーレベルを考慮しよう。

※注意1
このゲームではそのダンジョンより格段に強いランクの敵や平均レベルを大きく超えた敵がまれによく出現するので、見慣れない敵に待ち伏せ中に出会ったら無理せず逃げよう。
進行上で強制的に取得する神気スキル「閃光退却」(イベント戦などを除き100%逃走成功)は惜しまず使うこと。

※注意2
待ち伏せはいくらでもできるものの、敵のリーダーが逃げると宝箱ごと逃亡しやがるのだ。
リーダータイプの敵は経験値も高めなので、特に序盤は現在のパーティー構成で倒せるかどうかを考慮して無駄なく撃破していきたい。

※注意3
ろくなものが出土しなくても泣かない。
後半になるにつれてリーダーの撃破手段の増加やらレアリティが高くなりやすい金の宝箱などが出やすくなるやらで序盤はそれなりの装備が揃えば良い。

   

拍手

| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カテゴリー

最新記事

(11/01)
(10/14)
(10/06)
(09/30)
(09/29)
(09/03)
(08/23)

アーカイブ

google

最新コメント

プロフィール

自己紹介:
tiyabudaikorogasi☆mail.com

AD

   
PR